NX

レクサスフロアマットとアルティジャーノ フロアマットを比較レビュー

「レクサス純正のフロアマット」「社外品であるアルティジャーノのフロアマット」を価格、デザイン、カラーポイント、機能性などといったポイントごとに比較レビューします。
 
レクサス純正フロアマットか社外品フロアマットかでお悩みの方の参考になれば幸いです。
 
 
 

ちなみに!

他にもレクサス純正フロアマットは…

「Version L用のフロアマットタイプA」「Fスポーツ用フロアマットタイプF」等のまとめレビューも行っているので興味がある方は見てくださいね。(≧▽≦)

version L等のフロアマット:LEXUSフロアマット タイプAのレビュー

Fスポーツのフロアマット:レクサス純正フロアマット 「タイプF」をレビュー。高い割に薄い…

社外品フロアマット:アルティジャーノ フロアマットについてのレビュー

 
それでは、続きをどうぞ!

デザインで比較

レクサスフロアマットのデザイン

IMG_6229
レクサス純正のフロアマットである明石の金属製ロゴが表示されています。

ロゴがあるだけでカッコいいですね。( *´艸`)

ですが…

フットレストカバーやヒールパッドはありません。

アルティジャーノ フロアマットのデザイン

フロアマット
レクサス純正のフロアマットより少し大きく、運転席の傾斜までしっかりとカバーするデザインです。

フロアマット2
また、汚れのつきやすいフットレストもカバーするデザインとなっています。

フットレストカバーの無しも選択可能です。

我が家で購入したNX300 F SPORTは専用アルミ製フットレストが装備されています。

その為、それが見えるように”フットレストカバー無し”を選択しました。(*´▽`*)

また、中間グレードであるC2000には、アクセルペダルを踏む際に当たる部分の摩擦を軽減するためのヒールパッドが装着されています!(≧▽≦)b

スポンサーリンク




 

カラーバリエーションの比較

レクサスフロアマットのカラーバリエーション

FullSizeRender
フロアマットカラー及びロック糸カラーはブラックの”1色のみ”です。

もうちょっとカラーバリエーションは欲しいですね。(;’∀’)

せめてベージュとかね…

アルティジャーノ フロアマットのカラーバリエーション

IMG_6608

フロアマットカラーについては…

中間グレードのC2000が”3色”(ブラック、ベージュ、グレー)

上級グレードのS3000が”3色”(ブラック、ベージュ)

最高グレードのS3000が”1色”(シャイニーブラック)

となります。

IMG_7101
ロック糸カラーは”12色”あります。

かなりのバリエーションがあるので自分の趣味に合ったフロアマットに仕上げてもらうことができます!( *´艸`)

こういった選択の幅が広いことが社外品の強みですね。

スポンサーリンク




裏面加工の比較

レクサスフロアマットの裏面加工

FullSizeRender
裏はよくある普通のフロアマットと同じです…(;’∀’)

別段、機能が隠されているわけではないようです。

アルティジャーノ フロアマットの裏面加工

FullSizeRender
裏面はラバー製になっており、”遮音性と防水性に優れて”います。

見えないところに嬉しい機能が隠れています!(゚Д゚)ノ

IMG_6613
裏面は滑り止めのために”スパイク加工”されています。

スポンサーリンク




パイル長さの比較

レクサスフロアマットのパイル長さ

IMG_6214
パイルの長さについては500円玉の”3割”が埋まる程度の長さで密度は高いですね。

踏み心地が非常に良くてグッドです!(≧▽≦)b

アルティジャーノ フロアマットのパイル長さ

IMG_6610
パイルの長さについてはLEXUSフロアマット同じで500円玉の”3割”が埋まる程度の長さです。

S3000で500円玉の”5割”、S3000Gになると500円玉の”6割”が埋まるほどのパイルの密度と長さです!(;゚Д゚)

請求したサンプルの中にS3000やS3000Gは含まれていませんでした…。( ;∀;)

個人的には上級グレードにすごく興味があります!

どんな踏み心地なのでしょうかね?

スポンサーリンク




機能性の比較

レクサスフロアマットの機能性

”消臭・抗菌・防汚機能”がついています。

アルティジャーノ フロアマットの機能性

先ほどご紹介した裏面がラバー製になっていることでの”遮音性と防水性の向上”とオプションで”消臭抗菌加工”が可能です。

スポンサーリンク




 

価格の比較

レクサスフロアマットの価格は?

価格は、91800円です!

単純に高い!(;゚Д゚)

純正であるが故の強気の価格設定です。

アルティジャーノ フロアマットの価格は?

価格は、NX用で…

C2000が27000円!(゚Д゚)ノ

S3000が43200円!(*´▽`*)

S3000Gが58320円!(≧▽≦)b

最高グレードでも純正よりはるかに安いですね。

C2000に関してはレクサス純正の3分の1の価格です。

レクサスとアルティジャーノのフロアマットまとめ

今回、純正の“レクサスフロアマット”と社外品の“アルティジャーノ フロアマット”を比較してわかったことは以下となります。

機能性、カラーバリエーション、オプションなどの”個人の趣味に合ったカスタマイズ”をしたい方、純正であることにこだわりが無く”価格重視”で選ぶならアルティジャーノ フロアマット!(≧▽≦)b

レクサス純正へのこだわりがあり、レクサス車に乗るならフロアマットもロゴ入りの”純正がいい”という方はレクサスフロアマット!(゚Д゚)ノ

スポンサーリンク




おわりに

レクサスフロアマットアルティジャーノ フロアマット比較レビューは以上となります。

レクサスフロアマットは、”純正”というだけで十分に選ぶ価値があります!

それは、機能性や価格を越えた強みです!(゚Д゚)ノ

それ以外の要素では、アルティジャーノ フロアマット”レクサスフロアマットに勝る”でしょう。

しかも、フラッグシップであるS3000Gでも約5.8万と安いです!(レクサスフロアマットは約9.2万ぐらい)

こればっかりは、個人の考えになりますね…。(;゚Д゚)

(私は、アルティジャーノ フロアマットを選びましたが…)

今回の比較レビューが、純正か社外品かで悩まれている方の参考になれば幸いです。

以上、カズウラの投稿でした。